自己破産、同時廃止事件と管財事件|自己破産まとめ※必読

自己破産を行うと、同時廃止事件として扱われるか、管財事件として扱われるかが決まります。普通聞いたこと
ありませんよね。

自己破産を行った時は大部分が同時廃止事件として扱われます。自己破産をした人が返済に回したりする資産、
財産を持っていない事が明らかな場合は、処分するなどの手続きが必要ありませんので、破産手続きを始めたと
同時に破産終了となります。なので同時廃止事件と呼ばれます。この後は特に何をする必要も無く、そのまま免責手続き
になります。大体の人は財産を処分したりして借金を返し、それでも駄目な場合に自己破産しますから当たり前
と言えば当たり前です。時間をかけずに終わらせるための制度ですね。

それとは別に、財産があると管財事件となります。処分する財産が残っていたり、免責出来ない理由がある時
などは、管財人などの調査、手続きが必要ですから管財事件として扱われます。一般的なイメージとしての
自己破産はこっちです。時間も掛りますし、色々と制限が掛りますから多くの人は同時廃止を希望します。
とは言え判断するのは裁判所なので、決定されたら従わなくてはなりません。

どれになるかは裁判所によって変わりますが、どちらも自己破産です。お金や時間の違いはありますが、
自己破産としての結果はどちらも同じですから安心して下さい。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所