債務整理のデメリット

債務整理はいいことだけではありません。悪い部分も沢山持っています。いいことばかりではないことを知ってもらいたいですし、知ることによってどのような方法が適切かわかると思います

 

全てに共通することとしては、お金を借りることができないということです。これはクレジットカードの利用も含めて制限されます
債務整理というのは金融会社に対して失礼にあたることで、借金を減らすことは会社側へ攻撃することを意味します。金融会社は収入が減るのですから、そんな人にお金を貸すわけがありません
こうした情報は事細かに掲載され、数年の間残り続けます。消えるまでの間お金を借りることは一切できません

 

また自己破産は住宅の処分をすることになるため、強制的に賃貸に住むことになります。折角の住宅を無駄にしたくない場合は、個人再生を利用してください
ただ個人再生は自己破産以上に費用が高く、債権者との交渉がまとまらないと結局自己破産を選ぶことになりかねません。意外と住宅の扱いに困るのが債務整理のデメリットなのです
同様に高級車も処分の対象となります。なお任意整理では対象になりません

 

欲を捨てなければ借金も捨てられないということが分かると思います。欲を残したいのであれば、地道に返済するしかないのです

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。


プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所