債務整理後のクレジットカードについて

債務整理デメリットと言えば、債務整理を行った時の厳罰の1つに、ブラックリストに強制的に情報が載せられるので、まず5~7年は新しくクレジットカードを作ることが出来ません。
この点は、借金体質であった債務者にとって、今後の生活において少なからず不便を実感する事は多くなるでしょう。
特に債務整理をした先のカード会社では、1回の事故でも著しく信用を落としたと見なされ、今後も審査を通してもらえる事は難しいと考えて良いでしょう。
特に自己破産した時は、借金するだけして踏み倒した状況に等しいので、クレジットカード会社の審査する目も非常に厳しくなる事が考えられます。
仮に債務整理の履歴が残っていないカード会社で入会申請しても、信用情報機関に債務整理の記録が残っている間は、貸付を許可してくれる事はほぼありません。
ただ、債務整理の種類によっては信用情報機関への掲載が短くて5年、自己破産の時は10年と長く記録に残ります。
もし債務整理が自己破産や個人再生以外の場合、信用情報機関の記録さえキレイになれば、官報への掲載は免れるため、審査に再び通る可能性は開かれます。
特に任意整理は整理できる債権先を選べるので、債権先と関係を持っていないカード会社であれば、ブラックリストから個人情報が削除されると、スムーズに審査を受け付けてもらえる事が多いようです。
自己破産の時は今後もクレジットカード審査に通る見込みは不透明で何とも言えませんが、債務整理の対象外であるカード会社なら、ブラックリスト掲載期間後は貸付に柔軟に対応してくれる場合もあるので、どうしても必要な時は諦めずに検討してみましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。


プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所